簿記クイズ~2日目

「どんぶり勘定」と「ざる勘定」どっちが損する?
どんぶりとざるの中に入ったお金をどのように使うか?
という問題なのですが、このどんぶり勘定の「どんぶり」は食事で使う「丼」ではないようです。
職人などの腹掛けの前につけた大きなもの入れを「どんぶり」というそうです。
細かく計算しないで大まかに金の出し入れをするのが「どんぶり勘定」。
ざるに入れたお金を無造作にどんどん金遣いする雑な予算管理が「ざる勘定」どちらも放漫財政の形態です。



答え!
どっちがといっても…
どっちもどっち損をするでしょう。

マスターの解説
どんぶり勘定もざる勘定も多分「簿記」を知らないから起きることでしょうね、事業主、経営者の方々にも簿記の知識があれば、損をしない健全経営が出来るのに…
起業した会社や店の大半が1年もしないでアップアップしているのは…
ソバにザルが付いているから…でしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする