五色百人一首一覧表~赤色の札

 上の句下の句作者
1嘆けとて 月やはものを 思はするかこち顔なる わが涙かな西行法師
2来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに焼くや藻塩の 身もこがれつつ権中納言定家
3もろともに あはれと思へ 山桜花より外に 知る人もなし前大僧正行尊
4音に聞く 高師の浜の あだ浪はかけじや袖の ぬれもこそすれ祐子内親王家紀伊
5高砂の 尾上の桜 咲きにけり外山の霞 立たずもあらなむ前中納言匡房
6長からむ 心も知らず 黒髪の乱れて今朝は ものをこそ思へ待賢門院堀川
7かくとだに えやはいぶきの さしも草さしも知らじな 燃ゆる思ひを藤原実方朝臣
8有馬山 猪名の笹原 風吹けばいでそよ人を 忘れやはする大弐三位
9恨み侘び 干さぬ袖だに あるものを恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ相模
10誰をかも 知る人にせむ 高砂の松も昔の 友ならなくに藤原興風
11しのぶれど 色に出でにけり わが恋は物や思ふと 人の問ふまで平兼盛
12風をいたみ 岩打つ波の おのれのみくだけて物を 思ふころかな源重之
13立ち別れ いなばの山の 峰に生ふるまつとし聞かば 今帰り来む中納言行平
14吹くからに 秋の草木の しをるればむべ山風を 嵐といふらむ文屋康秀
15山里は 冬ぞ寂しさ まさりける人目も草も かれぬと思へば源宗于朝臣
16秋の田の かりほの庵の とまをあらみわが衣手は 露にぬれつつ天智天皇
17田子の浦に うち出でてみれば 白妙の富士の高嶺に 雪は降りつつ山部赤人
18筑波嶺の 峰より落つる 男女川恋ぞつもりて 淵となりぬる陽成院
19世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる皇太后宮太夫俊成
20永らへば またこの頃や しのばれむ憂しと見し世ぞ 今は恋しき藤原清輔朝臣



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする