百人一首決まり字一覧表50音順~覚える

 上の句下の句
あきかわがころもでは
あきのもれいづるつきの
あけなほうらめしき
あさぢあまりてなどか
あさぼらけ あよしののさとに
あさぼらけ うあらはれわたる
あしながながしよを
あはぢいくよねざめぬ
あはれみのいたづらに
あひむかしはものを
あふこひとをもみをも
あまつをとめのすがた
あまのみかさのやまに
あらざいまひとたびの あふ
あらしたつたのかはの
ありああかつきばかり
ありまいでそよひとを
いにけふここのへに
いまこありあけのつきを
いまはひとづてならで
うかはげしかれとは
うらこひにくちなむ
おくこえきくときぞ
おとかけじやそでの
おほえまだふみもみず
おほけわがたつそまに
おもうきにたへぬは
かくさしもしらじな
かさしろきをみれば
かぜそみそぎぞなつの
かぜをくだけてものを
きみがため はわがころもでに
きみがため をながくもがなと
きりころもかたしき
こころあおきまどはせる
こころにこひしかるべき
こぬやくやもしほの
このもみぢのにしき
こひひとしれずこそ
これしるもしらぬも
いづこもおなじ
しのものやおもふと
しらつらぬきとめぬ
ゆめのかよひぢ
われてもすゑに
たかとやまのかすみ
たきなこそながれて
たごふじのたかねに
たちまつとしきかば
たましのぶることの
たれまつもむかしの
ちぎりおあはれことしの
ちぎりきすゑのまつやま
ちはからくれなゐに
つきわがみひとつの
つくこひぞつもりて
ながかみだれてけさは
ながらうしとみしよぞ
なげきいかにひさしき
なげけかこちがほなる
なつくものいづこに
なにしひとにしられで
なにはえみをつくしてや
なにはがあはでこのよを
はなさふりゆくものは
はなのわがみよにふる
はるすころもほすてふ
はるのかひなくたたむ
ひさしづこころなく
ひとははなぞむかしの
ひともよをおもふゆゑに
むべやまかぜを
ただありあけの
みかきひるはきえつつ
みかのいつみきとてか
みせぬれにぞぬれし
みちみだれそめにし
みよふるさとさむく
きりたちのぼる
くもがくれにし
ももなほあまりある
もろはなよりほかに
やすかたぶくまでの
やへひとこそみえね
やまがながれもあへぬ
やまざひとめもくさも
ゆふあしのまろやに
ゆらゆくへもしらぬ
よのなかはあまのをぶねの
よのなかよやまのおくにも
よもねやのひまさへ
よをよにあふさかの
わがいよをうぢやまと
わがそひとこそしらね
わすらひとのいのちの
わすれけふをかぎりの
わたのはら こくもゐにまがふ
わたのはら やひとにはつげよ
わびみをつくしても
をぐいまひとたびの みゆき



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする