日本語慣用句一覧表

相づちを打つ
あいた口がふさがらない
あごが落ちる
あごで使う
足が出る
足もとにつけこむ
足もとを見る
足を引っぱる
汗水たらす
頭が古い
あと味が悪い
穴があったら入りたい
油がのる
油をしぼる
ありのはい出るすきもない
あわをくう
あいそがつきる
あげ足をとる
あごがはずれる
足が地につく
足もとに火がつく
足もとにもおよばない
足を洗う
足が棒になる
頭が上がらない
頭を下げる
あとを引く
穴があくほど見つめる
油をうる
網の目をくぐる
合わせる顔がない
あわをふかせる
家を傾かせる
息がかかる
息を入れる
息をのむ
威儀(いぎ)をただす
痛くもかゆくもない
板につく
一言もない
一線を画す
糸を引く
色めがねで見る
色をつける
息が合う
息の根を止める
息を殺す
息をふき返す
異彩(いさい)を放つ
痛くもない腹をさぐられる
いたれりつくせり
一も二もなく
いっぱい食わす
いばらの道
色を失う
因果(いんが)をふくめる
浮(う)き足立つ
後ろ指を指される
うだつが上がらない
打てばひびく
腕(うで)が鳴る
腕(うで)によりをかける
腕(うで)をみがく
裏(うら)をかく
後ろ髪を引かれる
後ろを見せる
うつつを抜かす
腕(うで)が上がる
腕(うで)に覚えがある
腕(うで)をふるう
馬が合う
うまい汁(しる)を吸う(すう)
えりを正す
煙幕(えんまく)を張る
えりを開く
大きな顔をする
奥歯(おくば)にものがはさまったよう
押(お)しも押(お)されもせぬ
男を上げる
同じ釜(かま)の飯(めし)を食う
尾ひれをつける
折り紙つき
恩(おん)に着せる
大目(おおめ)に見る
押(お)しが強い
お茶をにごす
男がすたる
お鉢(はち)が回る
重荷(おもに)を下ろす
音頭(おんど)を取る
恩を売る
顔色をうかがう
顔が立つ
顔から火が出る
顔を売る
顔をつぶす
肩(かた)で風を切る
肩身(かたみ)がせまい
肩(かた)を持つ
株(かぶ)が上がる
壁(かべ)につきあたる
顔がきく
顔が広い
顔に泥をぬる
顔をつなぐ
影がうすい
肩(かた)の荷が下りる
肩(かた)を並べる
角がとれる
かぶとをぬぐ
かまをかける
気がおけない
気がきく
気が短い
肝(きも)に銘(めい)ずる
灸(きゅう)をすえる
機が熟す(じゅくす)
気がひける
きびすを返す
肝(きも)をつぶす
気を回す
くぎをさす
口が重い
口がすっぱくなる
口車にのる
口火をきる
口を割る
首をつっこむ
軍配(ぐんばい)をあげる
口裏(くちうら)を合わせる
口がかたい
口がすべる
くちばしが黄色い
口をぬぐう
首が回らない
蜘蛛(くも)の子を散らす
口が軽い
芸が細かい
煙(けむ)にまく
げたを預(あず)ける
けりをつける
心がさわぐ
心をつくす
腰(こし)をすえる
小耳(こみみ)にはさむ
心にかかる
心を許す
腰(こし)を抜かす
さじを投げる
三拍子(さんびょうし)そろう
さまになる
舌(した)が回る
舌(した)をまく
しっぽをつかむ
自腹(じばら)を切る
終止符(しゅうしふ)を打つ
しらを切る
尻(しり)が軽い
尻(しり)をぬぐう
心血を注ぐ(そそぐ)
舌(した)を出す
しっぽを出す
しのぎをけずる
私腹(しふく)を肥やす
食指(しょくし)が動く
尻(しり)が重い
尻(しり)に火がつく
白い目で見る
辛酸(しんさん)をなめる
水泡(すいほう)に帰す(きす)
図に乗る
すねをかじる
すみに置けない
すずめの涙(なみだ)
すねにきず持つ
図星(ずぼし)をさされる
精が出る
席をける
世間(せけん)を狭く(せまく)する
前後を忘(わす)れる
せきを切る
世間(せけん)知らず
背中を向ける
先手(せんて)を打つ
底が浅い
底を割る
袖(そで)を引く
そろばんが合う
底をつく
袖(そで)をしぼる
そりが合わない
太鼓判(たいこばん)を押す
高(たか)をくくる
だしに使う
盾(たて)に取る
棚(たな)に上げる
たががゆるむ
竹を割る(わる)
立つ瀬(せ)がない
盾(たて)をつく、盾つく
玉をころがす
血がのぼる
血も涙(なみだ)もない
力を入れる
力を貸す
血がさわぐ
血を分けた
力を落とす
つぼにはまる
つむじを曲げる
つぶしがきく
面(つら)の皮が厚い
手足を伸ばす
手がかかる
手がつけられない
手がとどく
手が離れる
手玉に取る
手に負えない
手に乗る
手を打つ
手を切る
手を尽くす
手を抜く
手を焼く
天狗(てんぐ)になる
手が空く(あく)
手が切れる
手がでない
手がない
手塩にかける
手に汗を握る(にぎる)
手にかける
手も足も出ない
手を貸す
手を染(そ)める
手ならす
手を広げる
手をわずらわす
頭角(とうかく)をあらわす
堂(どう)にいる
峠(とうげ)を越す
とりつく島がない
長い目で見る
泣きを見る
鳴かず飛ばず
なぞをかける
煮(に)え湯を飲まされる
二の句がつげない
にらみがきく
二の足を踏む(ふむ)
二の舞を演ずる(えんずる)
熱がさめる
根にもつ
根も葉もない
熱にうかされる
根ほり葉ほり
音(ね)を上げる
のどが鳴る
のるかそるか
のどから手が出る
歯が浮く
白紙にもどす
旗色が悪い
鼻であしらう
鼻につく
鼻を折る
羽を伸ばす
歯を食いしばる
腹が立つ
腹にすえかねる
腹をさぐる
はれものにさわるよう
歯が立たない
拍車(はくしゃ)をかける
鼻が高い
鼻にかける
鼻をあかす
花を持たす
羽目(はめ)をはずす
腹がすわる
腹が太い
腹をかかえる
腹を割る
引けを取らない
ひざを乗り出す
ひじを張る
一泡(ひとあわ)吹(ふ)かせる
一肌(ひとはだ)ぬぐ
人目をしのぶ
火に油を注ぐ
火の車
火花を散らす
ひざをつき合わせる
ひざを交える
額(ひたい)を集める
一旗(ひとはた)あげる
人目につく
人を食う
火の消えたよう
日の目を見る
ふたを開ける
筆を置く
懐(ふところ)を肥やす
筆が立つ
懐(ふところ)が寒い
腑(ふ)に落ちない
弁(べん)が立つ
棒(ぼう)にふる
ほぞをかむ
骨が折れる
本腰(ほんごし)を入れる
ほぞを固める
骨がある
骨を惜(お)しむ
本音をはく
魔(ま)がさす
眉(まゆ)につばをぬる
枕(まくら)を高くする
丸くおさめる
水に流す
水をさす
耳が痛い
耳にたこができる
脈(みゃく)がない
水を打ったよう
身につまされる
耳が早い
耳をすます
身を粉(こ)にする
胸(むね)がさわぐ
胸(むね)をなで下ろす
胸(むね)がすく
目が利く(きく)
目がさめる
目がない
目がくらむ
目が回る
目に余る
弓を引く
横車(よこぐるま)を押す
らちがあかない
路頭(ろとう)に迷う
わなにかかる
輪をかける



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする