百人一首風景★歌番号 1

上の句
あきのたの
秋の田の

かりほのいほの
かりほの庵の

とまをあらみ
苫をあらみ

下の句
わがころもでは
わが衣手は

つゆにぬれつつ
露にぬれつつ

作者 てんじてんのう 天智天皇 男
(626-671)中大兄皇子。大化の改新を行った。近江に遷都後、近江令制定。
出典 新古今集



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする