百人一首風景★歌番号 5

上の句
おくやまに
奥山に

もみぢふみわけ
もみぢ踏み分け

なくしかの
鳴く鹿の

下の句
こゑきくときぞ
声聞く時ぞ

あきはかなしき
秋は悲しき

作者 さるまるだゆう 猿丸大夫 男
(生没年不詳)『古今集』真名序に名が記されている。三十六歌仙の一人。
出典 古今集



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする