百人一首風景★歌番号 6

上の句
かささぎの
かささぎの

わたせるはしに
渡せる橋に

おくしもの
おく霜の

下の句
しろきをみれば
白きを見れば

よぞふけにける
夜ぞふけにける

作者 ちゅうなごんやかもち 中納言家持 男
大伴家持 (718?-785)。三十六歌仙の一人。
出典 新古今集



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする