洋食マナーチェックリスト

お店の人が案内してくれた席に座る。案内してくれた人が椅子を引いてくれたら左側から座る。
小さな荷物でも、テーブルの上には置かない。大きな荷物はクロークに預ける。
ハンドバッグは自分の背と椅子の背の間に置く。床に置く場合は椅子の右側に置く。サービスは左側から行われるので、邪魔にならないために。
コースではあらかじめテーブルに食器がセットされている。ナイフとフォークの対を外側から順に使用する。スープスプーンは一番右側にある。
食事中、手を休める場合はナイフ、フォークを皿の上に『ハ』の字におく。ナイフの刃を手前向き。フォークの背を上に。スープスプーンはカップの手前に置く。
フォークは左手に、ナイフは右手に。料理は左から一口ずつ切り分けて食べる。一度に全て切らない。フォークは右手に持ち替えて使ってもよい。
食べ終わったら、右下さがりの斜めにナイフとフォークをそろえておく。フォークの背は下に、ナイフの刃は内側に。
コースの場合、食前酒のサービスが始まってからナプキンを広げる。披露宴などでは乾杯がすんでから。二つ折りで、折った側を手前にしてひざの上にかける。
口元や、手の汚れはナプキンで拭う。ナプキンの角の内側を使う。グラスなどに口紅がべったりとつかないように、あらかじめティッシュなどで押さえておく。
グラスに口紅がついたら、さりげなく指で拭い指をナプキンで拭う。
食事が終わったらナプキンは軽くたたんでテーブルの上に。きちんと丁寧にたたむのはNG。『気に入らなかった』というサインになる。
ワインのテイスティングはワインが傷んでいないかのチェック。異常がなければOK。ここで味が理由の交換はしない。
ワイングラスは、日本では温度が変化しないように脚の部分をもつとしている場合が多い。国際的にはボウル部分を持つとされている。
グラスが空になったらお店の人に注いでもらう。女性がワインを注ぐのはマナー違反。
ワインを注いでもらうときは、グラスはテーブルの上においたままで手を添えたりしない。
フルコースのメニューは、(1)オードブル(前菜)、(2)スープ、(3)パン、(4)魚料理、(5)肉料理、(6)サラダ、(7)デザート、(8)コーヒー
スープは音を立てて飲まない。残り少なくなったら左手で皿の手前を持ち上げ皿を斜めにしてすくう。スープカップの場合は手で持って飲んでもいい。
パンは一口の大きさにちぎってから食べる。
骨付きの魚は上側を食べたら、ナイフとフォークで骨をはずし下側を食べる。上側を食べた後、魚をひっくり返さない。
肉料理は左側から一口ずつ切って食べる。先に全て切り分けてしまわない。
落としたナイフやフォークなどは自分で拾わずにお店の人にまかせる。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする